アップデート: 2016 年 9 月 26 日

[showwhatsnew]

レンサルサーバーの口コミのおまとめサイト!

ようこそ、レンサバZへ。
このサイトは、レンタルサーバーの比較・口コミおまとめサイトです。
これからレンタルサーバーを借りたいけど、どれがいいんだろう?
そう思っているあなたの為に心込めてサイトを作らさせていただいています。

では、ごゆっくりしていってくださいね!

コンテンツメニュー

やわらかレンサバセミナー!

レンサバ読み物

厳選レンタルサーバの比較!

※お気に入り順

おまけ!

やわらかPHP入門(FAQ編)
やわらかPHP入門(超入門編)
やわらかHTML入門
やわらかWordPress入門
やわらかアフィリエイト入門

レンタルサーバーとは?

買うのではなく借りるサーバー

レンタルサーバーは、簡単に言うとWebサーバーを借りる事です。
Webサーバーを買ったことはありませんが、買うことは現実的ではありません。
値段も10万円とか100万円しますし。
設定や保守も大変です。
そこで、保守や設定もやってくれるレンタルサーバーを借りるのです。

サイトを作る人は必須

そうなると、Webサーバーとは?という話になりますよね?
Webサーバーとは、インターネットでサイトを公開するときに必要な機械。
(パソコンみたいなものですが(笑))
サイトを作る人は、Webサーバーにサイトのデータをいれます。
更新も自分のPCを通してサーバーのデータを更新します。
つまり、サイトを作る人・運営する人には必須なんです!

レンタルサーバーの種類と特徴

専用サーバー

サーバーを一台まるごとレンタルしてしまうのが専用サーバー。
0から設定・運用できます。
設定はしてくれる業者もいますよ。
マンションで例えるのから、1棟丸々借り上げちゃう感じです。

VPSサーバ

仮想専用サーバーをVPSサーバーともいいます。
1台のサーバーを複数の契約者で共有します。
しかし、それぞれの契約者で専用サーバーを借りたような自由度があります。
そして、他の契約者のアクセスやリソースに左右されにくいという特徴があります。
マンションなら、分譲賃貸みたいなものでしょうか?

共用サーバー

1台のサーバーを複数の契約者で共有します。
多くの人は、このレンタルサーバータイプに当てはまると思います。
VPSサーバーと違いは、契約者の管理権限が低いこと。
セットアップ・設定などある程度してあること。
他の契約者のリソースに左右されやすいという特徴があります。
賃貸マンションみたいなものです。

レンタルサーバーを借りるのに要るもの

クレジットカード

支払いをカード払いにしたい場合は、用意しなきゃですね。
まぁ、わざわざ用意することもないですが。

銀行口座

銀行引き落としにしたい場合は、銀行口座が要りますね。
コンビニ払いもできるところが多いので、必須ではないです。

インターネット環境のあるPC

サイトを作るのにまず要りますよね。
あと、サーバーの管理画面にアクセスするのに要ります。
スマホでもできるところが多くなってきているので、なくてもいいのかな?
いや、サイトを作るときにいりますね(笑)

サイトのデータ・プログラム

サイトをアップするのに要りますよね。
HTMLでサイトを作る場合は、データはPC上で作ります。
WordPressなどのブログツールを使う場合は、手順があります。
プログラムをアップ→データベースの設定→インストール→
サイトの設定→サイトの内容を作成
…という手順になります。

FTPソフト

PC上のサイトデータをサーバーにアップするのに要ります。
サーバーの管理画面でもできますが、FTPソフトの方が便利です。
有名なものにFFFTPがあります。
もちろん、無料のソフトです!

レンタルサーバーの選び方

複数サイト運営なら、マルチドメイン対応

1つのレンタルサーバーで複数サイトを運営したい人は、マルチドメイン対応のレンタルサーバーにしましょう。
1つのサーバーにドメインを複数入れることができます。
できるのなら、マルチドメイン無制限がオススメです!

レンタルサーバーの常識・あるある

WordPressはMySQLというデータベースが必要

WordPressをインストールするには、MySQLというデータベースが必要です。
これは通常ユーザーが用意するのではなく、レンタルサーバーに最初から入っています。
ただし、MySQLに対応している必要があります。
レンタルサーバーの一番安いコースには入っていないことも。

メールアカウントもゲット!

レンタルサーバーを借りるとメールアドレス(メールアカウント)もゲット出来ます。
メアドもう一個欲しいな~って人も、レンタルサーバーを借りれば解決です!

無料お試しができることも

レンサバって使ってみなければわからないことが多いです。
ですから、無料でお試しできる事が多いですよ。
初めてレンサバを借りるのなら、お試しがあるところがオススメ!

初期設定費用が必要なことも

レンサバって、初期費用がいることがあります。
ていうか、ほとんどのレンサバでいるんですけどね。
月額や年額だけでなく、初期費用のチェックもしておきましょ!

レンタルサーバーはこんな人にオススメ!

アフィリエイトサイトに

もちろん、アフィリエイト用ですね!
サーバー借りる人の大半がアフィリエイターなんじゃないですか?(笑)

趣味のサイトに

趣味のサイトでもレンタルサーバーはオススメ!
ブログや無料のホームページスペースよりもデーターが安全です。
無料のところだと、終了してデータがなくなるなんてことも。。。
その点、レンタルサーバーだと無責任な終了はまずないので安心です。

メールアドレスゲットに

「メールアドレスをいくつも持ちたい!」
そんなあなたにもレンタルサーバーはオススメです!
○○@XXX.comの○○の部分はバリエーションしていくつも持てますよ!
ていうか、そんなにメールアドレスを持ちたいって、どんな事情ですか??(笑)

申し込みからサイト公開までの流れ

レンサバでサイト公開までの流れを簡単に説明してみましょう♪

レンサバ選び

まずはレンタルサーバーを選びましょう♪
用途や価格・信頼性などのバランスをみながら選ぶといいでしょう。
どこで選べばいいって?
ウォッホン!…このサイトで(笑)

レンサバ申し込み

借りたいレンタルサーバーが決まったら、申し込みをします。
お試しができるレンタルサーバーが多いので、試してからというのもいいですよ。

ドメインをゲット!

ドメインをゲットしてきます。
ちなにドメインは1年以上に1回更新があり、料金が発生します。
オススメはムームードメインです。
僕も使っていますし(笑)
サーバー公式サイトでのネームサーバーの設定を見ておくのも忘れずに。

サーバーの設定

サイトをアップするのにサーバーの設定をしましょう。
ドメインの設定、PHPの設定、データベースの設定などをします。

サイトアップロード

ftpソフトにサーバーの設定をして、サイトにアップします。
HTMLサイトの場合、サイト作成してからアップします。
WordPressなどのCMS/ブログツールの場合、ツール本体をアップしてからサイトの設定をします。

更新・運用!

記事を更新します。
アクセス呼ぶためにをSEOもわすれずに♪

管理人Roadが使っているレンタルサーバーとレビュー

エックスサーバー

エックスサーバーは、しっかりしています。
マルチドメイン・サブドメインなので、サイトをガシガシ作れます。
設定項目が多かったり、バックアップがあったりと機能面で満足できます。
ただ、お値段がちょっと高いので、あまりいくつも借りられないでしょう(笑)

ミニバード

FTP設定がサイトごとに違ってくるので、アップの時面倒。
FFFTPにサイトごとに接続設定がいるっていうことですね。
あと、サーバー設定が直感的にできないのが痛い。
スピードは、困ることはないです。

ミニム

だいたいいいけど、セキュリティーの設定がキツイかな。
ファイルの権限が狭いので、Wordpressのアップデートの時にちょっと面倒。
まぁ、安全といえば安全ですが。
割と好きなレンタルサーバー。
激安系では、とりあえずオススメ。

ハッスルサーバー

最初は、好んで使っていました。
しかし、サイトが遅くなることが多々あります。
負荷を与えるスクリプトなどがあると、停止させられ復旧はムズいです。
運営が、少人数でやっているのでいろいろオススメできないです。
激安系で割と有名なんですけどね。

ロリポップ

一番最初に借りたレンサバ。
激安の中でも激安で、遅くなるとの評判のレンサバでした。
今はマルチドメインなどに対応したみたいで、性能が上がったみたいです。
また使い始めていますが、よかったらオススメしたいなと。

レンタルサーバー無限

うーん、絶対借りちゃいけないレンサバです。
とりあえずハードディスクが壊れたようでデータが吹き飛びました。
バックアップもされてなかったようで、データはかえってはきませんでした(^_^;)

運営側もそのことをなかったことにして運営しているので、反省の色が見えませんね。
あなたに絶対おすすめしないレンサバです。

ちなみに次は、さくらのレンタルサーバを借りる予定!
さくらのレンタルサーバ

コンテンツ
レンタルサーバー用語集

コメントは受け付けていません。
TOP